« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

お祝いパーティー

ゆうべ、将棋の佐藤棋聖タイトル防衛のお祝いのパーティーに行ってきました。syugou021

私の知り合いの噺家の桂歌助師匠と参加しました。
美味しいお料理やケーキのほか、能の謡、プリあら会員のマジック、歌助師匠の「面白いはなし」もあって和気あいあいの楽しいパーティーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週は12月!

最近、人と話すと出てくる言葉は「もう今年もあと1ヶ月で終りだね~。」とか「1年があっという間に感じる。」とか、時のたつのが年々早く感じるという人が多くなっているようです。

実際に20年ほど前までの1秒と現在の1秒では現在の方が少し速くなったようです。

以前の時間は地球の太陽を回る公転の周期や地球の自転から計算して1秒間の長さを決めていたのですが、公転や自転にゆらぎがあって1秒の長さに誤差がでていたそうです。
そのため現在はセシウムという原子の振動によって1秒を決めています。これを原子時計と言います。

原子時計の1秒は以前の1秒より少し速いそうなので1年も昔より速く感じるのかもしれません。

またその人の年齢によっても違うようで10歳の人の1年は「10分の1」だし40歳の人の1年は「40分の1」なので年々速く感じるのは当然かとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密林・生存の掟

密林・生存の掟・・・アラン・ディーン・フォスター (553miturin ページ)

「秘境冒険小説を現代によみがえらせた傑作」とクライヴ・カッスラーが絶賛!
ということなので読んでみました。

アメリカ人の旅人ボハノンが秘境パプアニューギニアで偶然出会った美女と一夜をともにするが目を覚ますと港の突堤で、財布がなくなっていた。
そして、女を追ってジャングルに入っていく。
そこに暮らす野蛮な人間や巨大な昆虫や生き物との戦い、、、。

感想は、恐い、、、、。心臓の弱い人は読まないほうがいいです。でも、読んで良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春風亭昇太のオールナイトニッポン

最近、私の好きな噺家の昇太師がオールナイトニッポン(月曜1:00~3:00)のパーソナリティになったので先週聴いたのですが途中で寝てしまいました。

そして、ゆうべなんとか寝ないで聴きました。なかなか楽しかったです。
「合唱コンクール」のコーナーが凄く面白かったです。いろんな学校から合唱コンクールのCDを送ってもらってかけているようなのですが、あまり上手くないのもあって笑えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、図書館で借りた本

図書館で本を借りてきました。

借りた本

アトランティスを発見せよ (上)・・・クライブ・カッスラー
ドミノ ・・・恩田陸
織田信長 1 無門三略の巻 ・・・山岡荘八

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじ

ゆうべ、飲み屋さんの「たろ清」で宝くじの話が出ました。
サマー・ジャンボと年末ジャンボは常連さんで共同購入しています。
去年あたりから私が代表して買いに行ってて、今年も買いに行くように頼まれました。
いままで返ってきた金額が一番多かったのが去年で、一口10枚(3000円)買って1400円ぐらいでした。

一等を当然当てたいのですが、当選番号発表後みんな集まって一人ずつ宝くじの番号を読み上げていく答え合わせのしかたがドキドキして凄く盛り上がって楽しいんです。

一応先週のロト6、3口600円買って1000円当たりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クライブ・カッスラー

2002年暮れにカッスラー引退説が流れたが誤報だったようです。

2003年以降
NUMAファイル第四作「White Death」
新シリーズ”オレゴン・ファイル”「Golden Buddha」
ピット・シリーズ「Trojan Odyssey」(邦題 オデッセイの脅威を暴け)日本では最新刊
NUMAファイル第五作「Lost City」
オレゴン・ファイル第二作「Sacred Stone」
また、愛息ダークとの共著「Black Wind」
が刊行されているようですが翻訳されているのは「Trojan Odyssey」だけみたいです。

早く読みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマノフの幻を追え(その2)

クライブ・カッスラー&ポール・ケンプレコス著「ロマノフの幻を追え」読み終わりました。

おもしろかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館

僕の部屋には棚に入りきらない本が積み重ねて置いてあります。
これ以上、本が増えないように最近は、一度しか読まないような小説は図書館で借りて読んでいます。

今週借りてきた本
ロマノフの幻を追え(下)・・・クライブ・カッスラー
シェルゲーム・・・ダグラス・ターマン
密林・生存の掟・・・アラン・ディーン・フォスター

| | コメント (4) | トラックバック (0)

R.P.G.(ロール・プレーイング・ゲーム)

宮部みゆきのR.P.G.を読みました。

ネット上で家族をつくっていた「お父さん」が殺される。
「お母さん」と娘と息子が警察の事情聴取をうけるが、、、、、。

最後に読んでる自分もだまされていたんだと思って、おもしろかった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

絵本太功記

昨日、歌舞伎「絵本太功記」を見てきました。

ストーリー
明智光秀が「本能寺の変」で織田信長を討ってから豊臣秀吉の軍に敗れるまで出来事を描いたお芝居。

配役
久吉 人間国宝・中村芝翫
光秀 中村橋之助
初菊 片岡孝太郎
  操 中村東蔵
十次郎 中村魁春

前から4列目の席だったので役者の表情までよくみえてよかったです。

客席には水野晴郎さんが来てました。

ロビーには三田寛子さんがいました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ロマノフの幻を追え

クライブ・カッスラーの小説が好きでほとんどの作品を読んでます。

カッスラーの通常の作品は国立海中海洋機関NUMAのダーク・ピットが活躍する海洋冒険小説ですが、そのほかにNUMAファイルシリーズというのがあり、それにはピットが出てきません。今読んでいる「ロマノフの幻を追え」はそのNUMAファイルシリーズでピットに代わってオースチンが活躍します。

わくわくしながら読んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バスタブのブロンド美女

先日の「プリあら会」の例会でマジックグッズの「バスタブのブロンド美女」を買うことができました。思ってたより小さかったです。(47mm×20mm高さ17mm)

マジシャンには従順な美女でバスタブにきちんと入っていますがbathtub 、他の人が美女をバスタブに入れようとしても絶対に入りません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プリあら例会

昨日久々にプリンあらモード会の例会に参加しました。「例会」という言葉からは想像できないくらいの感動があるマジックの会です。会員のマジックに始まり、メインマジシャンの素晴らしいショー、そして荒木会長のマジック、そしていつも心に残る言葉、、、、。

準備の段階から参加したのでその例会をつくりあげる仲間の熱意が感じられて、ただ見るだけに参加してるときの数倍もの楽しい時間を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛾のサイト

蛾の図鑑を見て少し興味を持ったのでネットでも検索してみたら、凄いサイトを見つけました。

リンク: 【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリバガ

へんな虫についてどうしても正確に知りたかったので図書館に行って蛾の図鑑でしらべてみたところ、トリバガ科の「ナカノホソトリバ」だとおもわれます。

トリバガ科の特徴
細長い体、翅及び脚をもった顕著な形の小型の蛾。
静止するときは翅を広げたまま、背上にたたむことはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »