« 春風亭昇太のオールナイトニッポン | トップページ | 来週は12月! »

密林・生存の掟

密林・生存の掟・・・アラン・ディーン・フォスター (553miturin ページ)

「秘境冒険小説を現代によみがえらせた傑作」とクライヴ・カッスラーが絶賛!
ということなので読んでみました。

アメリカ人の旅人ボハノンが秘境パプアニューギニアで偶然出会った美女と一夜をともにするが目を覚ますと港の突堤で、財布がなくなっていた。
そして、女を追ってジャングルに入っていく。
そこに暮らす野蛮な人間や巨大な昆虫や生き物との戦い、、、。

感想は、恐い、、、、。心臓の弱い人は読まないほうがいいです。でも、読んで良かったです。

|

« 春風亭昇太のオールナイトニッポン | トップページ | 来週は12月! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「落語辞典」は知りませんが、そういう種類の本はたくさん出てますよ。
あと、ある落語家が演じた落語をそのまま本にした、速記本といわれる本もあります。

平林は昔はよく聞いた落語ですが最近は聞いてません。「たいーらばやしかひらりんかいちはちじゅうのもーくもくひとつとやっつでとっきっき」っていう落語でしょ。

投稿: ヒッチー | 2005年11月28日 (月) 12時35分

なるほど~、本の読み方、参考になりました。ところで、樋口さん「落語辞典」ってあるのご存知ですか?たぶん、全7,8巻くらいだと思うんですが、、、なんと会長は、それを持っているらしいですよ!古典から新作まで、色んな話がのっているらしく、読んでいても面白いそうです。昨日は、「平林」という名前がどんどん長くなっていく噺が話題になっていました。有名な噺らしいですが、私は始めて聞いたので、すごく可笑しかった(笑)

投稿: haru | 2005年11月28日 (月) 09時40分

haruちゃんの質問にお答えします。

僕も読むスピードは遅い方だと思います。
面白い本はしょっちゅう傍においておいて仕事の合間にもチョコチョコ読んで、夜寝るときにも読んでて、寝る間も惜しんで読んじゃいます。でもこれは面白い本の場合です。
スピードは一日100ページくらいです。

「織田信長」は30ページくらいまで読みすすめてます。
 信長の子供時代が面白くて、どんどん読めそうです。

「アトランティスを発見せよ」は80ページくらいまで読んでます。

 どんな本も30ページくらいまで読まないと文章のペースに乗れない感じがします。同じページを何度も読んでたりとかします。そこを過ぎるとスイスイ読める気がします。

 いい本は、ずーと読んでいたいと思います。残りのページが少なくなるのが寂しくなります。
 

投稿: ヒッチー | 2005年11月25日 (金) 20時46分

樋口さんは、本を読むのがとても早そうですね~。いつ、どういう時間を利用して、どのくらいのスピードで読まれるんですか?
「織田信長」も借りたんですね~!私なんか、図書館の貸出期限が間もなく来ようというのに、まだ半分も読んでおりません、、、かなし~。

投稿: haru | 2005年11月25日 (金) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148371/7299361

この記事へのトラックバック一覧です: 密林・生存の掟:

« 春風亭昇太のオールナイトニッポン | トップページ | 来週は12月! »