« お祝いパーティー | トップページ | 近所の高台からの富士山 »

織田信長 1 無門三略の巻

織田信長 1 無門三略の巻・・・山岡荘八

吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う“うつけ者”。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

織田信長をこの小説を読むまでは、あまり好きじゃなかったけど、、、、
頭も良くて実行力がある凄い人物だったんだなぁって思いました。

|

« お祝いパーティー | トップページ | 近所の高台からの富士山 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

haruちゃんへ

「織田信長」、もっと難しい本だと思ってたけど面白かったよ~。

「人生を変える3分間の物語」はパーティーで話題になってた本だね~。僕も気になってました。


投稿: ヒッチー | 2005年12月 2日 (金) 20時27分

樋口さ~ん、もう読んだの!!さすが早~い!というか私が遅すぎですね(笑)っていうか、今ちょっと、別の本と平行して読んでるんですよ。その名も「人生を変える3分間の物語」。これは、佐藤康光棋聖が、あるコラムで紹介されていたのですが、面白そうなので、借りてみました。文字通り、一つの話が3分間で読めてしまうので、いいかな~と思って!

投稿: haru | 2005年12月 2日 (金) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148371/7422477

この記事へのトラックバック一覧です: 織田信長 1 無門三略の巻:

« お祝いパーティー | トップページ | 近所の高台からの富士山 »