« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

ちびが死んだ!

19年間、僕たち家族を楽しませてくれた愛犬のちびが19日に死にました。
死ぬ日の朝まで元気だったのに。。。。

25日は2年ぶりに荒木一郎会長のクリスマスパーティーに参加しました。
みんなの輝いてる姿を見てぼくも又、来年も何事にも頑張れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじ

おととい歌舞伎を見に国立劇場に行く途中、数寄屋橋のチャンスセンターで飲み屋「たろ清」の共同買いで16口分の宝くじを買いました。

売り場の人に「大きく当たりますように」と言われたので、本当に大きく当たるといいなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天衣紛上野初花

今日、歌舞伎の通し狂言「天衣紛上野初花」(くもにまごううえののはつはな)を見てきました。この演目は平成15年11月にも見ているので2度目です。

三幕目、松江邸玄関先の場、名調子の啖呵を切って、「馬鹿めー」と去って行く河内山宗俊はカッコイイです。胸がスーッとします。

河竹黙阿弥=作
河竹登志夫=監修
通し狂言「天衣紛上野初花」四幕八場

序幕 上州屋見世先の場
二幕目 吉原大口二階廻し座敷の場
      同    三千歳部屋の場
      吉原田圃根岸道の場
三幕目 松江邸書院の場
      同  玄関先の場
大詰  入谷蕎麦屋の場
     同   大口寮の場bira01         

主な配役
河内山宗俊=松本幸四郎
片岡直次郎(直侍)=市川染五郎
金子市之丞=市川左團次
大口屋抱え三千歳=中村時蔵
松江出雲守=坂東彦三郎
暗闇の丑松=片岡市蔵
家老高木小左衛門=市川段四郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所の高台からの富士山

今朝、とても天気が良かったので富士山が見えるかなぁと思って久しぶりに近所の高台まで行ってみました。

やっぱり見えましたが、手前の建物がずいぶん増えました。fujisan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織田信長 1 無門三略の巻

織田信長 1 無門三略の巻・・・山岡荘八

吉法師(信長)は、奔放奇抜な振るまいで家中のひんしゅくを買う“うつけ者”。だが、燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らん。手始めは尾張織田の統一だ。美濃の梟雄斎藤道三から娘の濃姫を娶った信長は、アンチ信長派の旗印となっている弟の殺害を決意した。戦国の世に彗星のごとく出現した驕児の若き日々。

織田信長をこの小説を読むまでは、あまり好きじゃなかったけど、、、、
頭も良くて実行力がある凄い人物だったんだなぁって思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »