« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

ハリー・ポッター

先週、映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を見ました。
マジックが好きな私は、絶対見たい映画でした。

漫画みたいで面白かったです。

小説も読んでいるので映画になるとどういう風になるのかなぁと思って見ましたが、主人公と仲間たちが成長しちゃって顔つきも変わってきてるので、次回作が同じ配役で作れるのかわからないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は一日中雪

ゆうべは雪なんか降る気配がなかったのに、今朝起きてみたら一面銀世界でおどろきました。

今日は一日中雪が降ってたので、仕事も開店休業状態でした。雪だるまでも作ってれば良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカル岡さんが亡くなった!

私の大好きな漫談のローカル岡さんが16日に亡くなりました。
6、7年前に寄席に行って、はじめてローカル岡さんの漫談を聞きました。
こんな面白い人がいるんだ~と思って落語好きの友達にローカル岡さんを聞くように言ったこともありました。

近年、永六輔さんのラジオ番組に出演したりして人気の出てきたやさきだったのに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曽我梅菊念力弦

bira02 昨日、歌舞伎を国立劇場で見てきました。

「曽我物語」と世話物が並行して展開して行くお芝居です。

感想
深川仲町洗湯の場で笑わせるところがあって面白かった。
そして大詰の菊五郎劇団の華やかな大立廻りが圧巻でした。

四世鶴屋南北=作
国立劇場文芸課=補綴
通し狂言
曽我梅菊念力弦(そがきょうだいおもいのはりゆみ)
七幕十場

序幕   第一場 鎌倉雪の下年越しの場
      第二場 同 鶴ヶ岡八幡宮境内の場
二幕目 第一場 石部屋見世先の場
      第二場 同   塀外の場
三幕目       鴫立沢対面の場
四幕目       深川仲町洗湯の場
五幕目 第一場 両国広小路の場
      第二場 松坂町長兵衛内の場
六幕目       深川大工町六三郎内の場
大詰        万年橋初午祭の場

主な配役
大工六三郎
新藤徳次郎 尾上菊五郎  稲野谷後家おかや 澤村田之助

大磯の虎
六三郎女房おきぬ 中村芝雀  山姥の権九郎 中村信二郎

曽我五郎時致         稲野谷娘おその
町抱え七郎助 尾上松緑  稲野谷娘おはん 尾上菊之助

工藤犬坊丸祐友 坂東亀三郎  八幡三郎行氏 坂東亀寿

石部屋倅才次郎
化粧坂の少将   尾上松也  源実朝 尾上右近

船越十右衛門 大谷桂三  家主与九兵衛 澤村由次郎

梶原平三景時        近江小藤太成家
提幸左衛門  片岡亀蔵  片岡幸之進   河原崎権十郎

梶野長兵衛 市川團蔵  小林妹舞鶴 市村萬次郎

福島屋清兵衛 坂東彦三郎

工藤左衛門祐経
千葉之介常胤  中村富十郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イナゴの佃煮

ここ数年、昔よく食べたイナゴの佃煮が食べたくて浅草の佃煮屋さんとかデパートで探していましたが、なかなか売っているところが無いので都会ではもう食べられないのかと思っていたところ、母が親戚からイナゴの佃煮を貰ってきました。

たぶん、30年ぶりぐらいで食べました。うまかった~。inago

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サハラ

DVD「サハラ」を見ました。
クライブ・カッスラー原作の冒険小説を映画にしたものです。

砂漠のシーンがすっごく綺麗です。
ダーク・ピットとアル・ジョルディーノのふたりがサハラで大活躍する、sahara 胸がスカッとする映画でした。

手がかりは1枚の金貨。海洋保全に務める米国特殊機関NUMA(国立海中海洋機関)のエージェント=ダーク・ピットは、世界中にあらゆる場所に眠っている秘宝を探し出す究極のトレジャーハンターでもある。ある1枚の金貨が、南北戦争時に姿を消した戦艦の行方を暗示し、ダーク・ピットを死のサハラ砂漠へ向かわせる。そこに待ち受ける危機の数々・・・そこには過去の歴史だけではなく、人類の未来さえも揺るがす巨大な陰謀が姿をあらわすのだった・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アトランティスを発見せよ

クライブ・カッスラーの”ダーク・ピットシリーズ”で、まだ読んでいなかった「アトランティスを発見せよ」を読みました。

古代の種族アミーニースが予言した「地球最後の日」―それを目前に控えたピットらは、複合企業の産み出す莫大な利益と遺伝子操作を駆使して生き残りを図るヴォルフ一族に狙いを定める。一族の背後には、かつてドイツを脱出した旧ナチ勢力の影が…。四隻の巨大船舶に膨大な乗員を収容して船出を目論む彼らの真の狙いはどこに?ピットらはいよいよ決戦の地、南極へと向かった―。

感想
最後の最後までハラハラ、ドキドキしちゃいました。
アル・ジョルディーノが結婚しちゃうのにはビックリです。

これで読んでないのは「オデッセイの脅威を暴け」だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。

今日1月1日に弟に男の子が生まれました。
私の誕生日が1月2日なので、よけいに嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »