« One-Handed Cut | トップページ | よみがな、付けよ~っと »

世之介さんの本

噺家の金原亭世之介(きんげんていよのすけ)さんの本
「なんで挨拶しなきゃいけないんですかぁ~(゚o゚)」を読んだ。

言葉にはパワーがあるということを人差し指と親指で作った輪をひとに開かせてみることで確認する実験方法とか、元気よく挨拶をすることの効能が理論的に述べてあって面白くて、ためになった。

表紙より
「おはようございます」「お疲れさまでした」「さようなら」・・・
わたしたちは、なぜ毎日あいさつするのでしょう。
礼儀だから?道徳だから?
それとも、お互い気持ちよくなるから?
いやいや、あなたの脳と心、
そして肉体に潜む能力を呼び覚ますからです。
「痩せる」ではなく「美しくなる」
お金が「欲しい」ではなく「必要」・・・
プラス言葉であなたの心と体、
そして人生までも劇的に変わるのです。

目次
第一章 なんで挨拶しなきゃいけないんですか?
第二章 プラス言葉とマイナス言葉
第三章 脳をコントロールする魔法の言葉
第四章 人はこんなにダマされる
第五章 落語世界に学ぶこと
第六章 世之介流会話術

|

« One-Handed Cut | トップページ | よみがな、付けよ~っと »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148371/11247326

この記事へのトラックバック一覧です: 世之介さんの本:

« One-Handed Cut | トップページ | よみがな、付けよ~っと »