« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

恥ずかしがり屋の紳士と淑女

今日はキリン・シティーの、マジックが好きだというスタッフの女の子に荒木一郎著「テクニカルなカードマジック講座」の中の「恥ずかしがり屋の紳士と淑女」というカードマジックを見せてみた。
第一段階の現象で「え~っ、なんで~」って、すごい驚きよう、、、。
次々に起こる不思議な現象に喚声をあげていた。

カードマジックを目の前で見たのは初めてということだったので、とても喜んでもらえた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOMENT

表の白い3枚のカードが、1枚ずつスペードのキングに変わり 、それが一瞬にしてまた元の白いカードにもどる、というマジックを行きつけのレストランのスタッフ達のまえでやってみた。

僕が驚くほど、みんなビックリしてくれた。

これは、僕自身は3年くらい前の一時期しかやってなかった「MOMENT」っていうマジックなんだけど、これからまたどんどんやろ~っと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お久しぶりです。

Tejina01 昨日、図書館の帰りにキリン・シティーに行った。

いつものカウンター席に、知ってるお客さんがいたので、隣で飲んだ。
カラオケでは荒木一郎さんの曲も歌い、将棋も好きなひとなので話しが合って楽しかった。
帰りぎわに今度マジックを教えて欲しいといわれたので今から会うのが楽しみだ~!
といっても昨日も久しぶりに偶然会ったので今度もいつ会えるかわからないが、、、。
昨日は香ばしいエテガレイの一夜干し新潟の茶豆を食べた。

図書館で借りた本は今プリンあらモード会で話題になっている 
岡田康彦編著「バッチリ絵でわかるタネあかし―手品のトリックアイデア集
わかりずらいところもあるが、絵が多いので面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うえちゃんも知っていた!

ニッポン放送の「うえやなぎまさひこのサプライズ」に
「あの荒木一郎さんはマジックの本を何冊も出しているほどの方で素敵なマジックをするマジシャンなんです」というようなことを投稿したら、
うえやなぎさんも知ってて「ビッグマジック講座っていう本も出されててファンの間では有名な話しらしいです」って言ってた。
そして、「いとしのマックス」をかけてくれた。

うれしかった。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜にぎわい座

久しぶりに横浜にぎわい座で落語を楽しんだ。

出演

前座 昔昔亭喜太郎 「雑俳」
林家彦丸 「たいこ腹」
宮田章司 江戸売り声
桂伸治 「反対俥」
三遊亭遊吉 「家見舞い」
太田家元九郎 津軽三味線
春風亭正朝 「目黒のさんま」

僕の好きな津軽三味線の太田家元九郎(おおたやがんくろう)さんが女性にうけていた。
強烈な津軽弁のおしゃべりと三味線で弾くベンチャーズのパイプラインは最高です。

主任(トリ)の春風亭正朝(しゅんぷうてい・しょうちょう)師匠は季節柄「目黒のさんま」。
明るい感じの「目黒のさんま」で、おおいに笑いました。

帰りに、にぎわい座近くの居酒屋に行き当然さんまの塩焼きを食べた。
やはり落語の帰りのお客さんが数人、さんまの塩焼きを食べていた 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダビンチ・コード

映画になるのを知る前(約10ヶ月前、1600人待ち)から図書館に予約してくあった「ダビンチ・コード」(単行本の上巻)の順番が回ってきたので読んでみた。

もっと複雑で難解な本かと思ったが、読みやすくて3日程で読んじゃった!

下巻も借りてみよぉ~!
500人待ち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピュアホワイト

ToukibiTBSの安住アナウンサーが絶賛していたピュアホワイトを北海道から取り寄せて食べてみた。

生でも食べらるというトウモロコシ。

実の色が白っぽくて一つ一つの粒が大きめ。
茹でて食べたが、すっごくみずみずしくて甘かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »