« 久しぶりに小三治師匠を生で聞いた | トップページ | 坂の上の雲第5巻 »

平成21年10月10日 上大岡の「ひまわり寄席」

前座 春風亭正太郎「寄合酒」
落語 林家彦丸「寿限無」
落語 林家正雀「四段目」
落語 金原亭世之介「転宅」
三味線漫談 三遊亭小円歌
落語 林家正雀「幸助餅」

鹿芝居で正雀師匠と共演している芸達者な世之介師匠も出演するので
楽しみでした。

開演のちょっと前に着いたが1階席がまだ空いていました。

正雀師匠の芝居噺「四段目」は凄かったです。
「幸助餅」はこの噺じたい、初めて聞きました。

世之介師匠は「転宅」のあと余芸の形態模写を披露してくれました。
志ん生、彦六と談志をやりましたが、談志が絶品でした。

|

« 久しぶりに小三治師匠を生で聞いた | トップページ | 坂の上の雲第5巻 »

寄席」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148371/46734424

この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年10月10日 上大岡の「ひまわり寄席」:

« 久しぶりに小三治師匠を生で聞いた | トップページ | 坂の上の雲第5巻 »