坂の上の雲・文庫全8巻読み終わった~!

坂の上の雲、やっと読み終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナーク狩り/宮部みゆき

宮部みゆき著「スナーク狩り」

380ページくらいの長編だけど、一気に読んじゃいました。

登場人物の心の中がよく描けていて、スピード感あふれる長編サスペンス。

ショットガンの構造も詳しく書いてあり、僕も競技でエアーライフルを撃っていたので楽しく読めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極東細菌テロを爆砕せよ

クライブ・カッスラー&ダーク・カッスラー 著
「極東細菌テロを爆砕せよ」(上下)読み終わった!

 クライブ・カッスラーが、初めて長男のダーク・カッスラーと共に書いたダーク・ピットシリーズの18弾。
 長男との共同作業は第2作、第3作でも続くみたいです。

 舞台は主に朝鮮半島と韓国、日本、アメリカで、
 細菌テロを阻止できるのか。。。というストーリー。

 ダーク・ピットはNUMAの長官になってもアル・ジョルディーノとコンビで大活躍。
 ダーク・ピットの息子のダークジュニアと娘のサマーも前作からNUMAの一員として活躍している。

 ダーク・ピットシリーズ第19弾”TREASURE OF KHAN”直訳すると「ハーンの財宝」も刊行されたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極東細菌テロを爆砕せよ

Kyokutou01 クライブ・カッスラー&ダーク・カッスラー著「極東細菌テロを爆砕せよ(原題:BLACK WIND)を読書中

旧日本海軍がアメリカ本土に対し使うはずだった細菌兵器。それを回収しようとしている北朝鮮のうごきを阻止できるのだろうか!

NUMA(国立海中海洋機関)の長官になったダーク・ピットと息子のダークジュニアの活躍が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダビンチ・コード

映画になるのを知る前(約10ヶ月前、1600人待ち)から図書館に予約してくあった「ダビンチ・コード」(単行本の上巻)の順番が回ってきたので読んでみた。

もっと複雑で難解な本かと思ったが、読みやすくて3日程で読んじゃった!

下巻も借りてみよぉ~!
500人待ち!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネバーランド

 最近、恩田陸(おんだ りく)という作家の名前をよく目にするようになったので「ネバーランド」という作品を読んでみました。

 冬休みに家に帰らず高校の寮に居残った3人とプラス1人の1週間の物語。
 なかなか面白かったので他の作品も読みたくなった。

 恩田陸さんって男性かと思ったら女性みたいです。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世之介さんの本

噺家の金原亭世之介(きんげんていよのすけ)さんの本
「なんで挨拶しなきゃいけないんですかぁ~(゚o゚)」を読んだ。

言葉にはパワーがあるということを人差し指と親指で作った輪をひとに開かせてみることで確認する実験方法とか、元気よく挨拶をすることの効能が理論的に述べてあって面白くて、ためになった。

表紙より
「おはようございます」「お疲れさまでした」「さようなら」・・・
わたしたちは、なぜ毎日あいさつするのでしょう。
礼儀だから?道徳だから?
それとも、お互い気持ちよくなるから?
いやいや、あなたの脳と心、
そして肉体に潜む能力を呼び覚ますからです。
「痩せる」ではなく「美しくなる」
お金が「欲しい」ではなく「必要」・・・
プラス言葉であなたの心と体、
そして人生までも劇的に変わるのです。

目次
第一章 なんで挨拶しなきゃいけないんですか?
第二章 プラス言葉とマイナス言葉
第三章 脳をコントロールする魔法の言葉
第四章 人はこんなにダマされる
第五章 落語世界に学ぶこと
第六章 世之介流会話術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今読んでる本

横溝正史 著
金田一耕助の冒険1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本

山岡荘八歴史文庫12
織田信長(3)侵略怒濤の巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷路荘の惨劇

横溝正史 著
「迷路荘の惨劇」を読みました。

金田一耕助のそばで連続殺人事件が起こるいつものパターンなんだけど、忍者屋敷のようなしかけのある建物が舞台になっていて面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)